フランキンセンス(乳香、オリバナム)

学名:Boswellia carteril, Boswellia thurifera
科名:カンラン科
主産地:エチオピア、ソマリア、イラン、エジプト
抽出部位:樹脂
抽出方法:水蒸気蒸留法
香りの特徴:スパイしーな香り
主な成分:αーピネン、リモネン、シメン
主な作用:浄化作用、抗菌作用、収斂作用、細胞成長促進作用、鎮静作用
備考:宗教儀式、キリストの誕生
   心を和ませてリフレッシュさせる
   皮膚の若々しさを保つ事は有名
   エジプト女性は若返りのパックの原料として使用
   せきや胃痛の緩和
[PR]

by daisy-30 | 2004-11-27 14:51 | アロマ