サイプレス

学名:Cupressus sepervirens
科名:ヒノキ科
主産地:ドイツ、フランス、イタリアなど
抽出部位:葉と果実
抽出方法:水蒸気蒸留法
香りの特徴:すっきりとしたウッディーな香り
主な成分:αーピネン、カディアン
主な作用:収斂作用、ホルモン調整作用
備考:古代ギリシャではサイプレスを浄化のための薫香として焚き
    呼吸器系症状の治療に使っていた。
   せきや気管支炎、喉の腫れを楽にする事で知られている
   鎮静作用があり、おしゃべりで興奮しがちな人、イライラしがちな人は
    怒りを和らげて気持ちを落ち着かせます。
   体液のバランスを整え、出血、重い生理、発汗の抑制の有効
   ホルモンバランスを整え、更年期の辛い症状を和らげる  
   体液のバランスを整え、肌の衰えを防ぐ
   収斂効果があり、脂肌向き
   セルライトにも有効
   高血圧の人は使用を避ける
   生理の周期を正しくする働きがあるので妊娠中は使用を避ける
[PR]

by daisy-30 | 2004-11-28 12:32 | アロマ