ジュニパー

学名:Junipers communis
科名:ヒノキ科
主産地:ハンガリー、イタリア、フランス、オーストラリアなど
抽出部位:果実
抽出方法:水蒸気蒸留法
香りの特徴:草木の香り
主な成分:α−ピネン、ミルセン、サビネン、テルピネンー4ーオール
主な作用:利尿作用、頭脳明晰作用、解毒作用、発汗作用
備考:人の香りづけに利用される
   疲労した精神をリフレッシュ
   物事にチャレンジして行く強い精神力を保つ
   利尿作用は有名
   食欲を正常に戻し、肥満の解消に役立ち、リウマチや痛風の痛みを和らげる
   収斂と洗浄の作用があり、脂性肌、にきび、湿疹に効果がある
   シェイプアップやセルライトの緩和に、マッサージに使用
   長期の使用は控えます。
   腎臓障害や体内に炎症がある時
   妊娠中は使用を控えます。

[PR]

by daisy-30 | 2004-12-04 12:07 | アロマ