ユーカリ

学名:Eucalyptus globulus
科名:フトモモ科
主産地:オーストラリア、スペイン、中国など
抽出部位:葉
抽出方法:清涼感のある香り
主な成分:1.8シネオール、α−ピネン
主な作用:殺菌作用、抗ウイルス作用、消炎作用、鎮痛作用
備考:ユーカリの木は世界で背の高い木の一つ
   オーストラリアの先住民の間では民間薬として使われる
   体温を下げ、体に対して冷却作用やデオドランド効果がある
   興奮した時は気持ちをすっきり引き締め精神を集中させるのを助けます
   眠気を防ぐ作用もあるので、運転中によい
   抗ウイルス作用があるので、せき、ぜんそく、はなづまり等に効き、
   喉の痛みや炎症をおさえます
   特に花粉症に有効
   消毒作用、抗炎症作用で細菌の増殖を防ぎ、虫さされ、やけど
    発疹などに効果を発揮
   刺激的で大変強力なので使用量に気をつける
    
[PR]

by daisy-30 | 2004-12-04 12:18 | アロマ