ユーカリ講座

b0007895_0403180.jpg前回のラベンダー講座に続き、今回はユーカリ講座へ行ってきました。コアラのごはん。そんなイメージのユーカリ。我が家のベランダにもユーカリがあります。ある日突然、コアラがやって来てくれないかという願いを込めて育てています(笑)ユーカリは100mになるものもあると聞き、すこし、焦りました。どうしよう。そんな生命力のつよい葉っぱを御飯にしているコアラはとっても強そうです。あんなにかわいい顔をしているのに・・・。
それは、そうと、ユーカリです。ユーカリには500以上の種類があるそうなのです。
アロマテラピーの精油としてでまわっているのは、主なもので4種だそうです。
1番ポピュラーなのが、ユーカリ・ブログロス。1.8シネオールが80%以上含まれていて、殺菌作用、抗ウイルス作用などの効果があるそうです。特に呼吸器系の疾患の症状の緩和に効能があるそうです。香りはツンとしたきつい香りです。小さい時に風邪の時に塗ってもらったウ゛ィックスウ゛ェポラップの匂いでした。
そして、ユーカリ・ディペスは粘液溶解作用のあるピペリトンが50%近くを占め、痰が絡んだ咳を鎮めたり、鼻づまりを緩和したりする効果があるそうです。あまり、市販はされておらず、医療用として用いられるそうです。香りはユーカリブログロスより、やわらかい感じです。
ユーカリ・ラディアタはユーカリブログロスの成分と、αーテルピネオールというさらに抗ウイルス作用、免疫調整作用の優れた成分がたくさんはいっているので、より風邪やインフルエンザなどのウイルス性の疾患に効果があるそうです。花粉症にもよいそうです。あとは、化膿したニキビの緩和にも効果があるそうです。これも、市販はあまりされておらず、医療の現場で用いられているようです。こちらも香りはそれほど、ツンとせず、使いやすいかんじです。刺激もすくないそうです。
ユーカリ・レモンは、今までの3つのものとは、成分・効果が全く異なります。シトロネラールが70%以上を占め、炎症を抑えたり、虫よけとしての効果が有名です。風邪予防には効果がないそうです。香りもユーカリというよりは、レモンの香りです。4つの中で1番良い香りでした。
同じユーカリでも、効果が違うのでおもしろかったです。
講座では、ユーカリオイルを作りました。
ホホバオイル10cc
ユーカリラディアタ 1滴
ユーカリレモン 1滴
作り方は簡単で、ユーカリオイルに精油を加え、混ぜる→終了です。
風邪予防と、虫よけとどちらにも対応できるオイルの出来上がりです。オイルを掌にとり、あたためてから、胸に少量ずつすりこむ様に塗布するのがポイントだそうです。ユーカリはトップノートの精油なので、香りがすぐとんでしまうので、一度にたくさんより、すこしづつ丁寧に塗布するのが良いそうです。
今日も勉強になりました。ユーカリは面白い精油です。ただ、刺激がつよいので、使用量には気をつけるべしとの事でした。
[PR]

by daisy-30 | 2005-03-04 01:08 | アロマ