イランイラン

学名:Cananga odorate 
科名:バンレイシ科
主産地:インドネシア、フィリピン、コモロなど
抽出部位:花
抽出方法:水蒸気蒸留法
香りの特徴:エキゾチックな甘い香り
主な成分:リナロール、ゲラニオール、酢酸ベンジル、安息香酸メチル
主な作用:鎮静作用、抗うつ作用、催淫作用、殺菌、消毒作用
備考:「花の中の花」
   精神的ショックを沈め、喜びの感情を呼び戻す。
   速い心拍を正常に戻すのに有効。高い血圧を低下させる。
   ホルモンバランスを整え、生殖に関する機能に働く。
   皮脂分泌の調節、乾燥肌〜脂性肌も利用できる。
   髪の成長にもよい
   過度の使用は吐き気や頭痛を起こす。
   敏感肌や妊娠初期は使用を避ける。


   
[PR]

by daisy-30 | 2004-09-24 20:28 | アロマ