ティートゥリー

学名:Melaleuca alternifolia
科名:フトモモ科
主産地:オーストラリアなど
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
香りの特徴:フレッシュなカンファーの香り
主な成分:テルピネン-4-オール、r−テルピネン、1.8シネオール
主な作用:去痰作用、殺菌作用、免疫賦活作用
備考:オーストラリア先住民の傷薬
   ショックで落ち込んだ心を元気にする
   強力な殺菌作用
   体内の毒素を汗として排出
   免疫力の強化
   歯肉炎、下痢、胃腸炎、膀胱炎、膣感染、虫さされに効果がある
   喉の腫れ、せきを緩和します
   浄化力が強く、切り傷やニキビの緩和
   日焼けを落ち着かせる
   水虫、魚の目、足の悪臭に
   肌の敏感な部分に使用すると、刺激を感じる
[PR]

by daisy-30 | 2004-09-30 21:43 | アロマ