ペパーミント

学名:Mentha piperita
科名:シソ科
主産地:アメリカ、イギリス、イタリアなど
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
香りの特徴:ミントのすっきりした香り
主な成分:メントール、メントン1.8シネオール、イソメントン
主な作用:鎮痛作用、冷却作用、健胃作用
備考:ウォーターミントとスペアミントの交雑種
   イギリス産のペパーミントが最上
   防虫効果にも優れている
   刺激を与えて、気持ちを引き締め、怒りを鎮める
   精神的な疲労や偏頭痛を和らげる
   消化器系の作用、消化不良、胸やけ、下痢、乗り物酔いなどに有効
   熱っぽい時や鼻づまりにも有効
   歯痛、リウマチ、筋肉痛を和らげる作用
   清涼感と浄化作用があり、かゆみ、炎症、日焼けの緩和
   にきびや脂性肌向き
   吸入するときは目を閉じる
   妊娠中と、授乳中は使用を避ける

[PR]

by daisy-30 | 2004-10-01 23:21 | アロマ