パチュリ

学名:Pogostempon cablin Pogostemon patchouli
科名:シソ科
主産地:インド、マレーシア、インドネシアなど
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
香りの特徴:墨汁のようなスモーキーな香り
主な成分:パチュリアルコール、パチュレン
主な作用:鎮静作用、食欲抑制作用、催淫作用、殺菌消毒作用、収れん作用、利尿作用
備考:アジアでは解毒剤や防虫剤に利用されてきた
    炎症や手あれの改善にも役立つ
    少量で鎮静作用、大量で、刺激作用をもたらす
    年月を経るごとに室や香りが強くなる
[PR]

by daisy-30 | 2004-10-05 13:27 | アロマ