精油の化学

b0007895_23144060.jpgマッサージクラスの次は精油の化学のクラスが始まりました。頭の中にいろんな事が入ってきます。脳のしわはこれからでも増えるのでしょうか?「精油の化学」文字を見ただけでも拒絶反応を起こしそうですが、このクラスはとても面白いのです。精油の成分を色で分けて円グラフにするのです。その色によって、成分が一目でわかる。というものなのです。今日はそれぞれの色がどの成分か?の理解をしました。例えば、青色はエステル類、ピンク色はアルコール類といったかんじです。なので、ラベンダーの円グラフは青とピンクが多く、その他いろんな色を使った円グラフになるのです。いろんな色があるということは、いろんな作用があると言う事になります。ラベンダーは万能精油といわれるのが、色でわかるのです。文字と数字より、円グラフの色でわかるのはとても、良いです。写真の本が参考図書なのですが、90種類の精油の円グラフがあり、作用なども細かくのっていて分かりやすいです。(買っただけで、もう覚えた気になってしまいました)今日の授業も懐かしの「クーピー」を使って色塗り。ほぼ塗り絵でした。楽しかった〜!!

アロマのblogランキングです素敵なサイトがいっぱいです。
[PR]

by daisy-30 | 2006-05-18 23:24 | アロマ