インストラクターの練習

b0007895_22461544.jpgスクールももう残りわずか。授業が長いし、宿題はあるし、大変!と思っていましたが、終わってしまうとおもうと、一気に不安感が・・・勝手です。今回の授業ではインストラクターとしての授業でした。今までは座学で暗記暗記。でしたが、今回は授業の組み立てや、オイル選びなんていう、また頭の別の部分を使うような授業で鍛えられました。前半は授業の組み立て。アロマって何?という入門者向けの授業内容を考えて、インストラクターになりきってみるという恐ろしい課題です。しかも10分の授業を考える時間が15分。そんなぁ〜ってかんじでした。来ている人の事を考えて、興味を持ってもらえるように話すと言うのは難しいということを痛感しました。そして、オイル選びは、カウンセリングをしあって、相手にあったオイルを選んであげるという授業。ハンドトリートメントをするという設定です。クライアントの好きな香りや、どんな症状とか、こころの状態などを聞き出し、あったものを選ぶ。私が選んでもらったのは、ネロリ、ジンジャー、ティートゥリー、レモン。キャリアオイルはグレープシードオイルにしてもらいました。ネロリは好きな香り。冷えを強く訴えたらジンジャーを入れてくれました。ネロリより、ジンジャーのほうが好き?というくらい、最近はジンジャー愛用家です(笑)肩こりを訴え、ティートゥリー、胃の調子が悪いことを健胃作用のある伝えたらレモンを入れてくれました。2人でテキストをペラペラして、「肩こりなら、これも」「冷えってことは加温作用のあるものですよね」なんていいながら、どっちがクライアントだかわからず、お互い決めあいました。こういうのってよく考えるから勉強になると思いました。オイルは家に持ち帰り、疲れて帰ってきた彼のハンドトリートメント、そして、冷えている自分のお腹をトリートメントしています。楽しい授業でした。でも次回は筆記テスト・・・。またして勉強です。
[PR]

by daisy-30 | 2006-07-21 23:02 | アロマ