ローズマリー

□学名
 Rosmarinus officinalis(ロスマリナス オフィティナリス)
 Rosmarinu:ラテン語で「海のしずく」 officinalis:薬用の、薬効効果のある

□科名:シソ科

□主産地
フランス、スペイン、アメリカ、クロアチア、イタリア、チュニジア、モロッコ

□抽出部位:葉

□抽出方法:水蒸気蒸留法

□香りの特徴:強い樟脳のような香り、森林浴の様なすっきりとした香り

□主な成分
 1.8シネオール(オキサイド類)
 a−ピネン(モノテルペン類)
 カンファー(ケトン類)
 カンフェン

□主な身体的作用
 刺激作用:極めて刺激が強いので、高血の人には不向き
    また、通経剤なので妊娠中は避ける

 血圧上昇作用:font color=red>極めて高血圧の人には不向き
 頭脳明晰作用:眠気を覚ますような香りなので運転中に効果的
 発汗作用
 利尿作用:生理時の体内の水分の滞留解消やむくみ対策にも利用できる
 収れん作用:肌を若返らせることでも有名、ハンガリアンウォーター 
 鎮痛作用:頭痛と偏頭痛に効き、軽いめまいにも有効
 強壮作用:血液の循環を促し、体内を活性化させる
      低血圧や貧血、冷え性などに効果がある
      頭皮の障害を改善します、ヘアケアに用いられる
 加温作用:捻挫、筋肉痛の治療にもよい
 殺菌作用:虫除け、肉を保存する為などに使用
      古代ギリシャでは、悪霊を払う薫香

□主な精神的作用
 強壮作用:元気づける
 脳の活性化:脳細胞に働きかけ、記憶力を増進させる働きがある
 神経強壮:
 抗うつ作用:沈んだ気持ちを元気にさせる

□備考:マリア様のバラ
    
blogランキング石けんサイトを作る事を決意しました!!

    
    
[PR]

by daisy-30 | 2006-05-01 02:24 | アロマ