遠い思い出がよみがえるスーパーフルーツ

b0007895_063399.jpg今年の誕生日は彼がご飯とケーキを買ってきてくれてお祝いをしてくれました。大好きなシードルで乾杯。久々にシードルを飲んで美味しいご飯を食べてうきうき。誕生日はいくつになってもよいですね。クリスマスなどのイベントも楽しくて好きですが、誕生日はなんと言っても、自分の生まれた日。自分のお祝いなので、特別な気分です。生んでくれた両親に感謝。弟からも辛口メールが届きました。言葉は悪いですが、ちゃんと誕生日を覚えていて、メールをしてくるなん(笑)b0007895_035112.jpgて、なかなかかわいい弟です(笑)弟の奥さん甥っ子からも電話をもらい、おめでとう!と言ってくれました。(甥っ子に「誰?」なんていわれちゃいましたがバースデーケーキはフルーツがたくさんのった素敵なケーキ。どこから食べようか悩みました。彼は甘いものを食べないので、私だけ、美味しい美味しい言って食べていました。


b0007895_0154561.jpgプレゼントでもらったのがこのマグカップ。このマグカップにはとっても思い入れがあります。今年になってからカフェで見かけた小さな頃にうちと従妹の家にあったマグカップなのです。私が小さな頃には普通のマグカップ価格で販売していたものなのですが、今では値段が上がっているようで、マグカップを買う感覚では購入できないような値段なんです。「ほしいけど、高くてむりだな〜」そんなことを彼に話したことはありました。でも彼はこのマグカップを見たことはないし、情報もファイヤーキングの果物の絵。くらいしかないはずなのに、「そう、これなの」というものを買ってきてくれました。これには本当に驚き。職業病ともいえるこの技は本当にすごいって思いました。イメージができちゃうんですね。いろいろ調べてくれたようで、ファイヤーキングについてもすごく詳しくなっていました(笑)
小さな頃にこのカップでコーヒー牛乳を飲んでいました。従妹のお母さんの入れるコーヒーは甘くて母の入れるコーヒーは苦かった記憶があります。またこのカップでコーヒーを飲めるのかと思うと、ちょっと涙ぐみます。しかも彼が一生懸命探してきてくれたカップとなるとさらに幸せです。本当に素敵なプレゼントをありがとう。
[PR]

by daisy-30 | 2007-06-27 00:26 | 日記