隣のご婦人にチャーシューをいただく

b0007895_11325125.jpg

作品展終了の次の日は私たち夫婦の結婚式記念日でした。作品展で完全燃焼し、次の日も1日でかけていて記念日の準備・・・それどころか夕飯の準備も出来なかった私。忙しいからって大切な日なのに。とちょっぴり自己嫌悪。夕飯は何か食べに行こうと近くのラーメンやさんに行きました。いつも行列のラーメンやさんが今日はお客さんがご婦人1人。入るなり、「今日はラッキーね」とお上品な笑顔でおっしゃってくださいました。女性が1人でラーメンやさんなんてかっこいいわ。常連さんなのかしら?なんて思いながら座りました。「ここは美味しいわよね。いつも混んでいるからとってもラッキーよ」とおっしゃるご婦人。たしかにそうです。いつも食べに来ても並んでいて食べられないので。ご婦人はチャーシュー麺を頼まれたようで、「ほらすごいわよ。こんなにたくさん!」と見せてくださいました。たしかにチャーシュー麺です。チャーシューがいっぱいです。「わ〜すごいです〜」と言っていたら、「食べる前に差し上げるわ。こんなにたべられないもの」と3つもチャーシューをくれました。そんなにくれたらチャーシュー麺を頼んだ意味が無くなってしまう。ご婦人の分が2つで普通のラーメンのチャーシューの数です。「私たちもたのんだので、大丈夫ですよ〜」と言ったのですが、「やわらかくて美味しいのよ。いいからいいから。」とご婦人。本当に美味しいので、ぺろりですよ。ありがたく頂いてしまいました。ご婦人はラーメンを美味しい。と召し上がった後、「お先に」と帰られていきました。お店の方が「お知り合いですか?」ときくので、「いいえ。常連さんではないですか?」「いいえ」とのこと。世の中には知らない人にも優しい人がいるのです。そんな大きな優しい人間になりたいとおもいました。私たちの結婚式記念はラーメンやのご婦人のおかげでこころ温まるものになりました。ありがとうございます。今日はたしか、作品展にも来てくれた友人の結婚記念日。結婚おめでとう!!
[PR]

by daisy-30 | 2007-11-13 11:49 | ブライダル